検索
検索
Close this search box.

ブラジルにおけるキャリアアップ支援事業・草の根

JICA のコミュニティ プロジェクト(草の根)は、NGO(事業実施団体)、大学、政府、地方自治体を通じて、知識と技術を開発途上国への支援と国際協力に活用するプロジェクトです。

このプロジェクトはJICAがODA(政府開発援助)の一環として行っています。

2024年度連続講座

第1回 ビジネスマナー&日本文化セミナー
(2024年1月26日)

第2回 ビジネスマナー&日本文化セミナー
(2024年2月2日)

研修制度

日本語能力試験(JLPT)対策コースの提供と同時に草根プロジェクトは日本語教師のトレーニングも行いました。その実習生の中から、3名が日本で研修を受けることになりました!
エレネ・ミツエ・コモリ(マト•グロッソ•ド•スー州ドウラドス市出身)、ルーカス・サントス・アギアール(ペルナンブーコ州レシフェ市出身)、ヴィクター・ダ・シルバ・アントゥネス(リオ•グランデ・ド・スー州ポルト・アレグレ市出身)が2024年5月に横浜でABCジャパンに歓迎され、専門のトレーニングを受けます。

プロジェクト

2022年3月~2025年2月を目途に、ABCジャパンは沖縄県人会ビラカロン支部(AOVC)と提携して、ブラジルの人材育成プロジェクトとして草の根を実施します。ABCジャパンはこのプロジェクトを通じて、日本企業および日系企業で活躍できる人材を育成することを目的としていて、ビジネスマナーと日本文化の指導、”仕事のための日本語”に重点を置いたトレーニングプログラムと同時に、日本語教師を育成するプロジェクトとしてもトレーニングを行います。

プロセス

2023年

2023年1月~2月

1) 日本語能力試験N4対策コースの生徒及び研修生の募集を開始。

2023年2月

1)日本語能力試験N4対策と日本のマナーや文化のオンラインコースを2月16日より開始。

2023年6月

1)日本語能力試験N5対策と日本のマナーや文化のオンラインコースを7月23日より開始。

2022年

2022年3月~6月

プロジェクトの準備のために2つのアンケートを実施。

1) サンパウロ市内に進出している日系企業を対象に、求めている人材に関するアンケート。

2) 沖縄系移民が多いサンパウロ市ビラカロンの住民とその周辺住民を対象に、住んでいる地区について、生活基準、就職状況などに関するアンケート。

2022年6月~8月 

1) 日本語能力試験N5対策と日本のマナーや文化のオンラインコースを企画し、生徒の募集を開始。
2) SNSを使った宣伝の他、パンフレットを用意し、県連主催のジャパンフェスティバル(JICAブースにて)とAOVC主催の沖縄フェスティバルで配布。

2022年7月

1) 2022年7月21日オンライン講座を開始(2023年2月に完了)。

2) 日本語教師を育成するための研修生募集を開始し。

セミナー

第2回 ビジネスマナー&日本文化セミナー
(2023年2月23日)

ABCジャパンとAOVCについて

このプロジェクトでは、20年以上にわたって日本の外国人コミュニティをサポートしてきたABCジャパンが、沖縄からの移民の人材育成やサポートをしてきたAOVCの施設でプロジェクトを実施します。

沖縄県人会ビラカロン支部
(Associação Okinawa de Vila Carrão)

ブラジル - サンパウロ市

1956年に設立された沖縄県人会ビラカロン支部は、ブラジルの沖縄県人協会に加盟する協会の1つで、ブラジルの中でも会員数が多く450世帯以上の会員がいます。

 

ビラカロン支部では、沖縄舞踊や沖縄民謡、劇などのスポーツ、文化、芸術活動を行っています。

沖縄フェスティバルを中心に沖縄の文化遺産の保護と、新しい世代に伝えるためのイベントや活動も行っています。

HP: www.okinawafestival.com.br

NPO ABC Japan

日本 - 横浜市

関係組織

プロジェクトに関係している組織を見てみる。