コロナ禍で解雇なども

日本語教室や生活相談など、外国人支援を行うNPO法人ABCジャパン(安富祖美智江代表)=鶴見中央=が、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮する外国人世帯に対し、寄付で集めた食糧品の配布を開始した。「言葉がわからず、情報収集もままならない中で仕事を失っている人も増えている。少しでも支援できれば」と話す。

ABCジャパンは、ブラジル人コミュニティを中心に、さまざまな外国人を支援する団体。日本国内で震災など災害が発生した際は、被災地支援にも力を入れてきた。

同団体には、新型コロナ感染症が拡大して以降、外国人からの相談が急増。言葉の壁で情報がわからず、心理的な不安を訴える声や、仕事を解雇され、暮らしが立ち行かなくなるケースも出ている。「寮に入っている場合、解雇はすべてを無くすことになり死活問題」とスタッフ。6月以降はさらに状況が厳しくなることが予想されるという。

こうした状況を受け、日本に暮らす外国人労働者を助けようと、食糧品の寄付を企画。在東京ブラジル総領事館や、食品ロスを引き取り必要とする施設などに無料提供するフードバンク横浜の協力も受け、5月8日から取組をスタートさせた。

米などの保存食を

個人からの寄付も受け付けている。求めているのは、米やパスタ、缶詰、レトルト食品、菓子類など保存がきく食糧品。新型コロナ感染症拡大防止のため、受け付けは郵送や宅配便を基本とし、直接の場合は事前に連絡が必要。集まった食糧品は22日以降に配布していく予定。宛先はABCジャパン〒230―0051横浜市鶴見区鶴見中央4の7の15ラカンパーナキソヤ302。問い合わせは【電話】045・550・3455。

タウンニュース

https://www.townnews.co.jp/0116/2020/05/21/527484.html